2021年4月12日【牡羊座新月のメッセージ】心の天下りから脱却するとき!自分の人生、自分で決めましょう

lifetreatment

 

毎月恒例、Youtube『マイシャイニング・チャンネル』の新月メッセージ。

今回は、2021年4月12日11時30分に牡羊座で起こった新月について解説しました。

 

 

今回の牡羊座新月メッセージ、風の時代を自分らしく輝いて生きていくために非常に重要な内容だと編集長は受け取りました。

そのため、今回の動画の内容の要点を記事でもまとめてみましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

なお、天体の詳しい解説については省略していますので、動画の方を参照くださいね。

※※※

さて、2021年4月12日にむかえた牡羊座新月のテーマはズバリ「心の天下りからの脱却!」です。

万田が言う「心の天下り」とは、「自分の人生に対する責任の所在の曖昧性」。

つまり今回のテーマを完結にまとめると、自分の人生は自分で決めましょう、ということ。

ドキッとされた方も多いかもしれませんが、どうかご安心を。

今回の天体配置によれば、しっかり自主性をもって目の前のことに取り組めば「必ず」恩恵が受けられるようになっているそうなので。

 

牡羊座新月の特徴

牡羊座新月の特徴

 

それではまず、牡羊座新月の特徴を見ていきましょう。

牡羊座を表すキーワードと言えば「ヒラメキ」「衝動」「電光石火」「唐突」「荒削り」など。

万田の言葉で表すと、「荒削りな衝動が新月で起こった」のです。

そのため、これから前後・後先を無視したような場面転換が起こるかもしれません。

今、何かしら停滞している人にとっては、良い方向性へスピーディに事態が展開していく可能性があります。

 

世の中全体への影響

今回の牡羊座新月を皮切りに、国家として新しい方針や方向性が打ち出されるかもしれません。

しかもそれは、国民にとって良い結果を生むものである可能性が高いです。

さらに、日本と諸外国との関係性が刷新されていく気配もあります。

しかし、新しい方針に対して古い体制のものたちが水を刺してくる天体配置でもありますので、あまり一喜一憂しないように。

 

「100 or 0」の大きな選択が迫られるかも

 

今回の牡羊座新月には、「死と再生」を意味する冥王星も大きく関わっています。

それにより、国家としても個々人にも「100 or 0 」の大きな選択が迫られるかもしれません。

ただ、今回の天体図によれば、その大きな選択によって得られる恩恵も大きいのは確実なよう。

 

「小三角形」があなたを守ってくれる

今回の天体図には、新月・火星・木星で結ばれる「小三角形」が見られます。

この「小三角形」、これから盛り上がっていくことを示唆しており、とても良い角度だそう!

だからこそ万田は、「(小三角形という)セーフティネットがあるんだから、勇気を出して自己責任で決断を下して!」と強く訴えています。

 

私たちを後押しする「牡羊座22度のサビアンシンボル」

 

牡羊座22度(サビアン的には23度)のサビアンシンボルは、「重く価値があるがベールに隠された荷を運ぶパステルカラーの服を着た女」

※サビアンシンボルとは、ある女性詩人のチャネリングをもとに、12星座1度1度の意味を詩文のようなキーワードで表したものです。

実はこのサビアンシンボルも、私たちが自主性をもって人生の決断を下すことを、後押ししてくれています。

 

自分のパッションや欲望に蓋をしないで!

このサビアン、大まかには「自分自身のパッションや欲望は自分の人生を成長させる」という意味合いを持っています。

自分の中にある願望に蓋をし続けていると、人生で訪れるべき変化を先送りにしてしまいます。

そしてそれは、自分の人生に責任をもっていないのと同じこと。

だから今回の牡羊座新月は、自分が人生の主導権をもつという「きっかけ」が与えられたと思って、ちょっと頑張ってみてほしいのです(大きな選択が迫られた方は特に)。

 

「パステルカラーの服を着た女」

ちなみに「パステルカラーの服を着た女」というフレーズが気になった方も多いのでは?

これは、「自分の中に能動性と受動性をバランスよく取り入れて真の自由を手に入れる」ことの象徴なのです。

※中和した色であるパステルカラーのイメージから連想を。

能動性と受動性のバランスがくずれると、どちらかを押し殺したカタチの人生を歩みやすくなりますよね。

そうならないために、能動的になる部分と受動的になる部分を自己責任で判断していくことが求められているのです。

 

まとめ

 

「自主性が保たれない場所で真の自由はない」

国家的にも、個人的にも、この事実を深く受け入れるタイミングがきたのではないでしょうか。

1年先どころか1日先も見えない今の時代。

そんな時代を軽やかに楽しく生きていくためには、この今というときから、自分の人生を自分で決めていくしかなさそうです。

それは、どんなに小さなことも、です。

そうじゃないと、月に代わっておしおき・・・・が待っているかも?!

 

語り手:万田夏維 文:編集長さくみ

[ 2021年4月12日【牡羊座新月のメッセージ】心の天下りから... ]占い2021/04/15 21:35