【レシピ】酸味が効いたピリ辛の一品「トマトキムチチャーハン」

育菌レシピ

 

キムチの辛さとトマトの酸味の組み合わせが絶妙な一品です。

コツは 玉ねぎはキムチをしっかり炒めた後で投入すること。そうすることで、食べるときにも玉ねぎのシャキシャキの弾力が適度に残ります。

また生きた乳酸菌は熱に弱いため、 最後にフレッシュ(生)なキムチを乗せることをお忘れなく。

ちなみに加熱したキムチも善玉菌のエサにななりますが、やはりせっかくの乳酸菌は腸まで届けたいですよね。

 

材料(1人分)

もち麦ご飯 150g

キムチ(炒めるのと仕上げに乗せるのと分ける)

トマト 中1つ

たまねぎ 半分

卵 1つ

ごま油 少々

●はちみつ 小1/2
●オイスターソース 小1/2
●キムチ汁(あれば) 少々
●天然塩 ひとつまみ

 

作り方

 

(1)スクランブルエッグを作って取り出す

 

(2)ごま油を引いたフライパン(1と同じでも別でもOK)でキムチを炒める

※今回は自家製キムチで作ったので、白菜のほかに玉ねぎや大根も入っています。

もちろん市販のキムチでも大丈夫ですが、なるべくアミノ酸など化学調味料、添加物不使用のものを選びましょう。

 

(3)玉ねぎを入れて炒め、少ししんなりしたらトマトを入れて炒める

 

(4)●を入れてさらに水分を飛ばす

 

(5)ご飯を投入

※菌活レシピのため食物繊維たっぷりの「もち麦ご飯」を使いましたが、普通のご飯でももちろん大丈夫です。

 

(6)よく混ざったらスクランブルエッグをサクッと混ぜる

※卵をスクランブルエッグにして混ぜましたが、目玉焼きとして最後に乗せるのも美味しいですよ。

 

(7)6をお皿に盛り、フレッシュなキムチと白ごまを乗せて完成