今、夏至を越えてすべてが反転していく…。そんな時代に生きている奇跡を楽しもう!

 

今回は、「宇宙の真理」のお話をします。

俗に「スピリチュアル」と呼ばれるものですね。でももう、スピが宗教だとかカルトだとかそういう考えの方が「怪しい」と、私なんかは思うのですがいかがでしょうか。

目に見えるものが現実だと確信している人は、これからの話はもしかしたら「わけわからんちん」かもしれないです。

「目に見えないものが目に見える世界を作っている」

私の住む世界ではこっちがリアルです。なのでこちらを前提で話を進めさせてもらいますね。

さて2020年の夏至を越え、ここから宇宙レベルで一気に加速すると言われていますね。

何がってもうすべてです、すべて!

今年の夏至、6月21日が暦の上でどれほどの大開運日だったかということや、その前日もまたどれほど特別な日だったかというのは、多くの専門家やスピリチュアル界の方々がブログや記事で発信されているので、ここではあえて触れずにおきます。

が、とにかく!この夏至を挟んだ3日間を中心に、それ以前からも膨大なエネルギーが宇宙から地球へと降り注いでいたのは、少し敏感な人なら感じていると思います。

心が揺れる、寝ても寝ても眠い、手放すべき感情が次から次へと湧き上がってくる、などなど…。

何より2020年が明けた頃から、新型ウィルス「コロナ」騒動がはじまり(それがどこまで本物かという話は横においてね)、世界規模で大きな変容を遂げているのを誰もが肌で感じているのではないでしょうか。

今までの価値観、生き方、あり方など、すべてにおいて見直されるべきタイミングを迎えているのです。

それらはすべて古い地球に属しているもので、そのままではなかなか軽やかで自由自在な新しい地球へと移り住めないから、今こうして自分たちの集合意識でこんな現実を引き起こしたのではないか、と思うのです。

さらに地球規模での一連の騒動以外に、個人レベルでもさまざまに乗り越えるべき課題が起きていたのではないですか。

私にも大きくて重いのがどかんと訪れましたよ、それはもうもう…!

今もある意味まだ渦中のものもあるし、ある程度収束しつつあるものも。でもそのどれもが、私の中でもうない、もしくは持っていないと思っていた感情や感覚を伴うものでした。

それがこのタイミングでどかんと浮上するということは、「それらこそが手放すもの」ですよというサインです。

まぁその「手放し」こそが難しいのですが…、これは自分に向き合いコツコツやるしかないのですよね。

でもその先には、今までの価値観や概念が覆されるような、新しい地球がまるでご褒美のように待っていますから。

そしてここがポイントなのですが、その新しい地球は、「私たちひとりひとりが選んだ世界」だということ!

よく言われる「二極化」もそうですよね。大きく分けて「今までと同じ古い地球で生きる」か「今までのすべてを見直して新しい地球へ移る」か、2つの世界のどちらかを選ぶかを指しています。

でも実際には、もっと細かな世界がざざざーーーっと同時に存在して、私たちは自分の選ぶ世界で同じような価値観の仲間たちと、全く新しい世界を創り上げていくんじゃないかと感じています。

この夏至こそ、これからどんな世界に住みたいかを選び、決意表明するタイミングのようです。ちなみに夏至からの一週間はまだまだ強いエネルギーが残っているようなので、今のうちに選びたい人はぜひ。

考えるだけでワクワクにやにやしてしまう、そんな世界を選びましょう。

「今〇〇だから~できない」「〇〇しないと~できない」なんていう今までの常識や観念は取っ払って、すべて可能だったら…。これが考え方のベースでOKなんです!

そしてその世界にいる自分で今、生きるんです。今、100分の1でもいいからできることをするんです。

そのイメージやビジュアライズ化がより現実味を帯びてくると、あるタイミングでその世界にカチッとはまるときが来ます。

そしてその思考やイメージの具現化が、今とんでもないスピードで起きていて、それがこの夏至を境にどんどん加速するというのです。

逆に「こうなるはずがない」「まさかねー」という思考が生まれると、ネガティブな感情の力は残念ながら強いため、そっちが叶ってしまうんですって。

そういずれにしても叶うんですよね、私たちが見ているこの世界は隅々まで私たちそれぞれの思考が、感情が創り出しているのですから。

それならもっと意識の力を使って、より理想的で心躍る世界を創り出したいですよね。

まだ時間はありますよ、あなたはどんな世界に住みたいですか。

[ 今、夏至を越えてすべてが反転していく…。そんな時代に生きてい... ]コラム2020/06/22 18:27