風の時代突入!2021年下半期の流れを占うPart1【牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座】

lifetreatment

 

「風の時代」が本格始動した、2021年下半期の流れを12星座別に解説します。

下半期における天体配置の大きな特徴は「逆行する天体が多い」こと。

全体的に「目まぐるしい変化」というより、「見直し」や「再チャレンジ」というよう穏やかさを感じる時期となりそうです。

それでは、12星座別の下半期の流れを見ていきましょう!

 

語り手:万田夏維
『心の美容室・LIfeTreatment』

文:編集長さくみ

※こちらのページでは、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座を取り上げています。(天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座さんのページはこちらからどうぞ!

 

2021年下半期の牡羊座さん

 

7/28までは自分と向き合う時間を大切に

7/28まで、「自分の本心と向き合う時間」「潜在意識」「スピリチュアル」を表す12ハウスに木星が滞在しているので、

自分の本心と向き合い心の整理をしていく時間を大切にしましょう。

そうすることで、木星が水瓶座に戻る7/28以降、 木星の恩恵(拡大、発展、幸運)が受け取りやすくなります。

 

交友関係で培ったものが武器になる

また7/28以降、牡羊座さんは発展的な気持ちになりやすく、やる気が起こり前向きに行動していくタイミングです。

金運、運気がとても良いときなので、「仕事」や「やりたいこと」などは積極的に進めていくことが今後にもつながりますよ。

さらに、 サークル活動のような交流を多くしていくことで、金運や有益な情報を得やすくなる時期でもあります。

ただ、同時に11ハウスには土星も滞在しているため、交友関係の中での距離の取り方や、やりとりの仕方などに「アメとムチ」のようなことが起こることも。

土星は厳しい教師役ですので、この時 しっかり「ムチ」を受け入れることで、そこで得た教訓が今後の人生における武器となっていくでしょう

 

10月中旬の逆行終了後、運気の波乗り時期へ

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、それまでは、2020年の年末から2021年5月までやっていたことに対しての見直し時期です。

そのため、同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていく流れになるでしょう。

10月中旬の逆行が終了してからは新たな学びを得る時期に突入です。

木星の恩恵(拡大、発展、幸運)を受け、いい運気の波乗り時期となるので、ぜひやりたいことにチャレンジしてみて!

12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。z

「収入の得方」が人脈の変化などを通し発展していくかもしれません。

 

2021年下半期の牡牛座さん

 

「仲間」に恵まれる夏

7/28まで木星が11ハウスに滞在しています。

11ハウスは友人、サークル活動、将来のビジョンを表すハウス。

そこに拡大、発展を意味する木星が入るということは、

趣味や楽しみを分かち合える友人、将来のビジョンを共有できる仲間に恵まれる時期だと言えるでしょう。

 

年末にかけて「社会的立場」に焦点が当たる

7/28から年末まで、木星土星が10ハウスに入ります。

10ハウスは「仕事」「社会的地位」「肩書き」を表すため、牡牛座さんにとってこの時期は 社会的に目立つ時期となり、業績が認められたり、評価が上がったりするかもしれません。

ただ、土星も同時に10ハウスに滞在していますので、木星の恩恵で仕事運が上がると同時に、

土星からの影響(=プレッシャー)がかかる状況になり、変化や厳しさを感じながら仕事に対する責任が大きくなるでしょう。

 

10月中旬の逆行終了後、チャレンジが大きくなる

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、それまでは、2020年の年末から20215月までにやっていたことに対しての見直し時期。

そのため、同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていくような流れです。

刺激の強い時期というより、穏やかさを感じ、余裕を感じることができるでしょう。

木星土星が順行に戻ってからは、状況が動き出すように。

やりがいや仕事上のチャレンジが大きくなっていきます。

 

12月中旬からの葛藤を通し発展する未来へ!

12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。

牡牛座の人にとって、天王星は 1ハウス。

1ハウスは「自分自身」を、天王星は「改革、変化」を表します。

そんため牡牛座さんは、 「自分自身の意思」や「自分とは」という考えが、これまでとは変化するかもしれません。

またこの時期、自分自身が社会から求められることに対し、葛藤やジレンマを感じやすくなります。

しかし、この葛藤を通して自分の方向性や在り方がハッキリし、発展する未来が待っていますよ!

 

2021年下半期の双子座さん

ふたご座

 

仕事面での大きな恩恵が得られそうな下半期

7/28まで木星が10ハウスに滞在しています。

10ハウスは「仕事」「社会的地位」「肩書き」を表すハウス。

そこに「拡大」「発展」を意味する木星が入るため 大きな仕事に恵まれる」「社会的地位向上」「天職という肩書きを手に入れる」という恩恵を受け取るかもしれません。

そして7/28から年末まで木星土星が9ハウスに入ります。

9ハウスは「高等教育」「勉強」「海外」「法律」を表すため、双子座さんにとってこの時期は、仕事に役立つ資格や技術習得が有利に働く時期です。

土星も同時に9ハウスに滞在しているため、木星の恩恵で勉強運が上がると同時に土星からの影響(=プレッシャー)がかかる状況です。

自分を向上させるための勉強に対する責任が大きくなりますが、どうかご安心を。

双子座は水瓶座土星と相性が良いため、忍耐を伴うことも上手くこなしていける時期です。

年末にかけて自己向上を目指すことで、今後の大きな学びを得ていきますよ。

 

10月中旬から自己向上へのチャレンジが大きくなる

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、それまでは、2020年の年末から20215月までにやっていたことに対しての見直し時期。

そのため、同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていくような流れです。

刺激の強い時期というより、穏やかさを感じ、余裕を感じることができるでしょう。

木星土星が順行に戻ってからは状況が動き出すように。

木星の恩恵(資格や技術習得)、土星の恩恵(責任)という分野で発展する流れとなり、自己向上へのチャレンジが大きくなっていきます。

 

年末は「自分の本心」が変化するかも?!

12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。

双子座の方はこの頃、普段は周囲に対してあまり言っていないような「自分の本心」が変化していくかもしれません。

また、その「自分の本心」に対して、下半期に取り組んできた勉強などが葛藤やジレンマを生みやすい時期。

しかし、そこでの学びを通して 自分の内面が変わっていくという発展が待っていますよ!

 

2021年下半期の蟹座さん

かに座イラスト

 

深い関わりから持たされるポジティブな流れ

7/28まで、木星が9ハウスに滞在しています。

そこに拡大、発展を意味する木星が入るため、人生をより良くするための知識習得や勉強、法律に関わること、海外との接点を意識することで、木星の恩恵が受け取りやすくなります。

そして7/28から年末まで木星土星が8ハウスに入ります。

8ハウスは他者との深い関わり(夫婦や身内)、伴侶の財産、継承、遺産を表すハウス。

蟹座さんにとってこの時期は、 夫婦や身内との関わり合いに対して考えが変化していくでしょう。

また、伴侶の財産や遺産という「自分が稼ぐ以外のお金」を表すハウスに木星が滞在することで、他動収入という恩恵を受ける可能性があります。

土星も同時に8ハウスに滞在しているため、木星の恩恵で意識変化を通して運が上がると同時に、土星からの影響(=プレッシャー)がかかる状況に。

深く関わっていくことに対する責任が大きくなりますが、この時期に 今までと意識を変えることで、気持ちが軽くなりポジティブな流れを得ていくでしょう。

 

10月中旬から意識変化へのチャレンジが大きくなる

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、それまでは2020年の年末から20215月までにやっていたことに対しての見直し時期。

同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていくような流れです。

そのため、刺激の強い時期というより、穏やかさや余裕を感じることができるでしょう。

木星土星が順行に戻ってからは状況が動き出すように。

木星の恩恵(他動収入)、土星の恩恵(責任)という分野で発展する流れとなり意識変化へのチャレンジが大きくなっていきそうです。

 

対人関係の葛藤と、将来の夢への発展的な変化

12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。

この時期、 仲間と呼べるような関係性、または将来の夢の持ち方に対して変化が訪れるかもしれません。

深い関わり合いや対人関係ということに対し、葛藤やジレンマを生みやすい時期ですが、

一方で将来の夢に対して発展的な変化を望める時期でもあります

 

2021年下半期の獅子座さん

しし座のイラスト

 

パートナーシップの発展が見込める下半期!

7/28まで木星が8ハウスに滞在しています。

8ハウスは他者との「深い関わり(夫婦や身内)」「伴侶の財産」「継承」「遺産」を表すハウス。

そこに拡大、発展を意味する木星が入るため、 伴侶の収入が上がるなど、他動収入の面で木星の恩恵が受け取りやすくなります。

そして7/28から年末まで木星土星が7ハウスに入ります。

獅子座さんはこの時期、対人関係、結婚に対しての運気が発展していくでしょう。

良い仕事のパートナー、結婚相手などに恵めれやすくなるため、できるだけ多くの人と交流を!

 

10月中旬からは関係性の向上に真摯に向き合うとき

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、それまでは2020年の年末から20215月までにやっていたことに対しての見直し時期。

同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていくような流れです。

そのため、刺激の強い時期というより、穏やかさや余裕を感じることができるでしょう。

木星土星が順行に戻ってからは状況が動き出すように。

木星の恩恵(拡大)、土星の恩恵(責任)という分野で発展する流れとなり、関係性の構築へのチャレンジが大きくなりますが、

この時期に関係性の向上に対して真摯に向き合い改善を試みることで、良い流れを得ていくでしょう。

 

12月中旬から、社会的立場に変化が訪れそう

12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。

獅子座さんはこの時期、仕事や社会的立場に関して変化が訪れる可能性が。

それに伴い、 対人関係も変化していくかもしれません。

そして、社会的立場と対人関係ということに対して葛藤やジレンマを生みやすい時期です。

一方で、パートナーシップに対して 発展的な変化を望める時期でもありますよ!

 

2021年下半期の乙女座さん

おとめ座のイラスト

 

7月中はできるだけ多くの方とコミュニケーションを

7/28まで木星が7ハウスに滞在しています。

7ハウスは「対人関係」「パートナーシップ」「結婚」を表すハウス。

そこに拡大、発展を意味する木星が入るため、できるだけ多く人とのコミュニケーションを取ることで、木星の恩恵が受け取りやすくなります。

 

年末まで仕事運が絶好調!!

また、7/28から年末まで木星土星が6ハウスに。

6ハウスは「仕事」「職場」での交流を表すため、乙女座さんはこの時期、 仕事の能力が上がり効率的にこなしやすくなるため、仕事量が多くなるかもしれません。

そして、仕事を効率的に行っていけることで「やりがい」を感じる時期です。

仕事を通しての交流や能力ア ップを目指した行動が、良い運気をさらに強化していくでしょう。

土星も同時に6ハウスに滞在しているため、仕事運が上がるのと同時に、土星からの影響(=プレッシャー)がかかる状況になり、

仕事能力などに対する責任が大きくなりますが、真摯に向き合い改善を試みること で良い流れを得ていくはず。

 

年末から、「新たな学び」が環境を変化させるかも

木星は10/18まで・土星は10/11まで逆行しているため、この間は2020年の年末から20215月までにやっていたことに対しての見直し時期。

同じような出来事が起こったり、やり残していたことを再度トライをしていくような流れです。

そのため、刺激の強い時期というより、穏やかさや余裕を感じることができるでしょう。

木星土星が順行に戻ってからは状況が動き出すように。

この頃から、 仕事のやり方の構築へのチャレンジが大きくなっていくかもしれません。

そして12月中旬から下旬に水瓶座土星と牡牛座天王星が葛藤の角度(スクエア)をとります。

この時期、新たに学びたいと思った事柄がキッカケで、仕事のやり方や職場環境が変化していきそう。

それは、今後の発展的な変化につながりますよ!

 

[ 風の時代突入!2021年下半期の流れを占うPart1【牡羊座... ]占い2021/07/05 15:48